はじめての伊勢神宮参拝!

2017年の10月9日から10日にかけて伊勢神宮に参拝してきました。
ずっと行ってみたいと思ってましたが都合があわず、やっと今年行くことができました。

伊勢神宮は外宮からおまいりした方がいいと聞いたので、9日の午後から外宮におまいりしに行きました。
四日市からレンタカーでいきましたが、ちょっと駐車場を探すのに苦労しました。

外宮は豊受大御神をお祀りしてあって、衣食住、産業の守り神として崇敬されているそうです。
鳥居を入るとまるで別世界で、凛とした静けさで、清々しい空気につつまれていました。
まわりの人も同じように感じているようで、大きな声で話す人もいなくて、みんな雰囲気に圧倒されているようでした。
多賀宮、土宮、月夜見宮、風宮にもいきました。少し上りの道ですが、行きやすいとおもいます。
せんぐう館という建物では、豊受大神宮の模型?のようなものがあり、専門の方の説明を無料で聞くことができます。(せんぐう館の入場料はかかります)
知らないことだらけで、びっくりすることばかりでした。

10日は伊勢市駅から朝9時くらいのバスに乗って内宮に向かいました。
平日だったのにバスは乗客でいっぱいで、参拝者の多さにびっくりしました。
バスを降りて鳥居の前に立ったとき、あまりのスケールの大きさに一瞬声を失う感じがしました。
鳥居をくぐって木の橋を渡って(下を流れる川は五十鈴川です)、砂利道を歩いていくと天照大御神を祀る内宮(皇大神宮)に着きます。
神様を直に見ることはできないらしく、すだれのような薄い布がかけてあります。
ここも参道を歩いて行くにつれて、異世界というか、別世界に入り込んでいくような、神聖な気持ちになります。
普段特別意識して神様のことを考える方ではない私でも心が洗われるような気分になりました。
参集殿で御朱印帳をかって、内宮の御朱印をいただきました。

おまいりのあと、おかげ横丁で名物の伊勢うどんをたべて、赤福本店でお土産を買って電車の時間ギリギリまで楽しめました。
もっと、早朝から行ってゆっくり過ごせばよかったと後悔しています。
これから行く人は、伊勢神宮 天気を調べて行きましょう!

次は2泊くらいして、ゆっくりお伊勢さんに浸ってみたいです。